ハイヤーをこれから利用する時に注意したい予約の注意点

出張やプライベートの法事などで利用する機会の多いハイヤーは、使ってみれば快適で移動手段としてもすぐれていますが、一般の方にとってはどうしてもなじみが薄く、社会的ステータスの高い人たちのためのサービスというイメージが強くあります。もちろん、もともとは会社の役員や会長クラスなど、社会的地位の高い人たちの間で多く使われてきたハイヤーですが、必ずしもビジネス専用の移動手段というわけではなく、最近では一般の方にも使いやすいように配慮されたサービスが充実しています。

通常のタクシーなどと同様、予約は基本的に電話によって行われます。サービスを行っている会社に電話で連絡を入れ、実際に利用したい日付と時間、待ち合わせ場所、利用人数、希望車種などを伝え、その時間に空きがあれば予約が成立します。会社によってはネット予約ができるところもありますので確認しておきましょう。法人の場合は原則として専属契約がメインのため、その都度予約を入れるのではなく、月に5日、あるいは週に4日というかたちでまとめて車を確保する、というのが一般的のようです。

個人の法事などで送迎用に予約する場合は、事前に余裕をもって予約を入れておいたほうが確実に車を確保できますし、本当に必要な時に車が呼べない、というトラブルをふせぐことができます。従来のハイヤー利用は電話によるハイヤー予約が原則とされていましたが、最近ではウェブサイトからの予約を受け付けるところも増えており、電話をかけることができない方も手軽に車を確保することができるようになりました。

ウェブサイトから予約する場合も必要事項は電話とほぼ同じで、予約日、時間、待ち合わせ場所、人数、希望車種についてきちんと入力した後に送信ボタンを押せば予約成立となり、営業所によってはあらかじめ登録したメールアドレスに車が確保された旨の報告が届くケースがあります。入力事項の中でも特に重要なのが利用人数と希望車種です。人数に見合わない車種をオーダーしてしまうと、当日いざ待ち合わせをする際に予期せぬミスマッチが起き、車を手配し直す、ということになりかねません。

営業所のウェブサイトにはチャーター可能な車種と目安の人数が記載されていますので、予約する際には必ずチェックしてミスマッチが起きないようにしましょう。待ち合わせ後の車種変更については別途キャンセル料が請求される場合がありますので、予約にあたっては必ず事前に利用人数と車種のバランスを計算し、ミスマッチを防ぐ必要があります。