これからどんどん増えてほしいマイノリティ向けハイヤー

2020年の東京オリンピックを念頭に置いて、日本国内でもUDタクシー、UDハイヤーの台数が増えつつあります。UDとはユニバーサルデザインの略で、障害の有無にかかわらず、誰もが快適に使えるアイテムという意味になります。UDハイヤーとはつまり、お年寄りや障害のある方も安心して無理なく乗車することができる車を指し、通常の車種よりもステップが幾分低かったり、車椅子のままでも乗れるようにリフトやスロープがついていたりと、普通のタクシーには載ることができない人向けのサービスが充実しています。

バリアフリーだから料金もその分割高なのでは、と思われるかもしれませんが、ユニバーサルデザインだからといって利用料金が極端に高くなるわけではなく、通常の迎車料金とほぼ変わらない相場で利用することができます。

UDサービスは日本国内でもかなり拡充されてきましたが、社会的なニーズと比較してみるとまだまだ足りないのが現状で、ニーズの高まりに合わせて今後サービスを充実させていけるかが日本全体の課題と言えます。サービスが少ないから利用しないのではなく、供給が少ないからこそ積極的に利用してサービスを充実させるという心がけでなければいつまで経ってもUDサービスが根づくことはありませんので、皆さんも機械があればぜひ一度UDハイヤーを利用してみましょう。

ユニバーサルデザインとバリアフリーは、日本ではどちらもマイノリティの方向けのサービスとしてとらえられているようです。その認識はもちろん間違ってはいませんが、ユニバーサルデザインとバリアフリーは厳密な意味では違いがあり、目的もまったく同じではありません。

バリアフリーの場合、バリアを取り払うという意味合いがあり、おもにお年寄りや障害のある方にとってサービスを使いやすくする、アイテムを利用しやすいデザインにする、などのニュアンスが込められています。一方、ユニバーサルデザインのほうはデザインを共有するという意味があり、障害の有無や年代にかかわらず、すべての立場の人たちにとって安心して利用できるサービスやアイテムを設計していく、という意味が込められています。

UDタクシー、UDハイヤーはバリアフリーであるのはもちろんのこと、誰にとっても乗りやすいということにポイントが置かれており、お年寄りから子どもまで幅広い年代にとって快適に使えるサービスを提供すべく、新規業者も含め対応台数の確保に努めています。