初心者こそ知っておきたいハイヤーの料金体系

最近では日本でもタクシーが日常的によばれるようになりましたが、一般の方にとっては、ハイヤーとタクシーの料金体系の違いがわかりにくいかもしれません。タクシーの場合は、基本的には距離別、時間別料金を採用しており、迎車料金プラス距離別料金というかたちでメーターが加算されていき、目的地到着までの料金を支払うシステムになっています。一方、ハイヤーの場合は時間別、距離別料金ではなく、時間単位や日数単位で契約を結ぶ形態になっており、法人契約などでは、1カ月あたりいくらという料金体系で精算するケースが一般的になっています。

個人単位で利用する場合はスポット利用がおすすめで、1日単位で車をチャーターし決済が行えるため、夏休みの観光の移動手段に使いたい、親戚の集まりで急に車が必要になった、などのケースでもリーズナブルな料金で専用の車を確保することができます。

予算的に余裕があり、ワンランク上のラグジュアリーなサービスを期待したい方はよりハイクラスな車種をオーダーすることで、車内空間はもちろんのこと、送迎時の接客サービスの面でも普通のタクシーでは味わえない快適な移動を楽しむことができます。ハイクラスなサービスになると、1時間あたりの金額も高めになってしまいますが、快適なドライブ空間を手に入れるための必要経費としてとらえれば、それほど割高には感じられないかもしれません。

ハイヤーの決済方法は、基本的には一般的なタクシーとそれほど変わりません。現金決済ももちろん使えますし、対応しているブランドであればクレジットカードによる決済によって支払いを簡略化することができます。さらに最近では、ウェブからの事前決済がスタンダードになりつつあり、ウェブサイトにあらかじめクレジットカード番号を登録しておくことで予約の際にあらかじめ料金を精算しておくことが可能になります。ウェブサイトにクレジット情報を登録することに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、サイトのセキュリティはもちろん万全にととのえられていますので、ウェブサイトからクレジット情報が漏洩する、というリスクはありません。

高級ハイヤーを利用すると料金が比較的高額になりますし、現金決済では端数の支払いにも時間がかかってしまいますから、クレジットカードをお持ちの方はぜひともクレジット決済を利用し、精算を簡略化して旅行や観光、出張をより快適に楽しみましょう。